オイルタイプクレンジングランキング

クレンジング剤の中で、オイルタイプは最も商品数が多いと思われます。誰もが使ったことがあるクレンジング剤のタイプでしょう。ここでは、オイルタイプのクレンジング剤についてご説明したいと思います。

 

人気低迷から進化したオイルタイプ

オイルタイプのクレンジング剤は、ノンオイルタイプやウォータータイプと比べられることがよくあります。それらを比べた記述にはよく、オイルタイプは刺激が強すぎます、というようなことが目立つかもしれません。
事実、以前には肌へのダメージが大きくなるものや、洗浄力が高いものが多くありました。しかし、オイルタイプのクレンジング剤も他のタイプには負けられません。進化を遂げているのです。
例を挙げると、オイルタイプに保湿成分が多く含まれているクレンジング剤がどんどん発売されているのです。洗浄力が高いのを活かして、肌へのダメージは美肌や保湿成分で補えます。
ですから、オイルクレンジングは肌に悪いという今までの考えは、改めなくてはいけません。すべてそうとは限らないのです。オイルタイプでも美肌や保湿成分が配合されているものなら大丈夫なのです。

 

オイルタイプの魅力について

オイルタイプは、落ちにくいアイメイクなどのメイクもスッと落ちますから、メイク汚れが残りにくいというところが大きな特徴です。それに、伸びが良いので肌になじみやすく使いやすいのです。
オイルタイプを日頃使っている方が、他のタイプのクレンジング剤を使用すると、洗浄力に不満を持たれるようです。オイルタイプは洗浄力が高いのです。
しかし、先にもお話しましたが、洗浄力の高さは肌へ刺激を与えてしまいますから、オイルタイプでも美肌や保湿成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

オイルタイプクレンジングランキング

セラムデュー アクアクレンズ

セラムデューのアクアクレンズは、クレンジングの役割だけではありません。乾燥ケア、くすみケア、毛穴ケアなどの役割もあるのです。ですから、メイクを落とすたびに毛穴も目立たなくなりますし、肌も潤います。
それに、油を全く使っていないので、後で洗顔をしなくてもベトベトしません。
この商品は、毛穴の汚れが気になる方のために作られたものです。ですから、使っているうちに透明感のある肌になっていくでしょう。
その高い効果で、実際使った方の83%が満足したと答えています。

 

黄土倶楽部 プレミアムクレンジングオイル

プレミアムクレンジングオイルは、化粧汚れを落とすほかに、肌のあらゆる問題を改善する効果があります。あらゆる問題とは、毛穴、乾燥、くすみなどがあって、これらの問題を解決できると、もっと美しくなれるのです。
オリーブオイルを使っていますが、水溶性ですから水で洗い流すと一緒に流れて、洗った後にベトベト感がありません。
そしてさらに、界面活性剤が含まれていないので、肌に刺激があまりないのです。敏感肌の方にも安心です。

 黄土倶楽部 プレミアムクレンジングオイルの公式サイトへ

長寿の里 よかぼんたんくれんじんぐオイル

よかぼんたんくれんじんぐオイルは、毛穴ケアができます。リモネンという成分がぼんたんのエキスに含まれているのですが、その成分によって、毛穴に詰まった皮脂や汚れを落とします。そして黒ずんでいる毛穴も目立たなくなるのです。
そして、よかぼんたんくれんじんぐオイルは、85%以上の美容成分が含まれていて、保湿力を高めたり、肌の環境を助けるなどの効果があるのです。使用後もスベスベしていますから、ベトベト感が嫌な方にお勧めです。

 長寿の里 よかぼんたんくれんじんぐオイルの公式サイトへ

 

 

 

オイルクレンジングを使う時の注意点

色々な種類があるクレンジングですが、その中でも「オイルタイプのクレンジング」を利用しているという人は多いのではないでしょうか。
オイルクレンジングは、洗浄力が強く、普通のメイクはもちろん、バッチリメイクした時でもきちんとメイクを落とすことができるというのがメリットと言えるかもしれません。
しかし、実は、このメリットがデメリットともなってしまうのです。
そもそも、オイルクレンジングの洗浄力の高さの秘訣は、「合成界面活性剤」が配合されているというところにあります。
この合成界面活性剤のおかげでどんなメイクでもしっかりと落すことができるのですが、裏を返すと、肌を乾燥から守ってくれる働きをしている必要な皮脂まで洗い流してしまうという欠点があるのです。
必要な皮脂まで洗い流してしまうと、当然肌は乾燥してしまいますので、もともと乾燥肌の人は肌の状態を悪化させてしまうということになってしまうのです。
また皮脂の不足は肌を敏感にさせるという面も持っていますので、敏感肌の人にとっても不向きのクレンジングということになります。
このように、オイルクレンジングは上手に利用しないと肌に大きな負担をかけてしまうことになるのです。
もちろん、しっかりメイクをしたときなどは、オイルクレンジングを利用すればメイク残りなどを心配しないで済むので良いかもしれませんが、オイルクレンジングを利用するのはそのようなしっかりメイクをしたときだけにして、普段はミルククレンジングやクリームクレンジングなどを利用するようにしてみてください。