ジェルタイプ

クレンジングにもいろいろあってどのクレンジングを選ぼうか迷うという人も多いかもしれません。ウォータータイプオイルタイプなど、まったく違うものならまだ比較できるかもしれませんが、もっと似通ったクレンジングならいかがですか?
例えば、「ゲルタイプ」と「ジェルタイプ」のようなものです。もしかしたら、今までゲルタイプとジェルタイプは同じものと思っていた人もいるかもしれません。しかし、この二つは全く同じものというわけではないのです。では、どのような点が共通していて、どのような点が異なっているのかを簡単に押さえておきましょう。

 

ゲルタイプのクレンジングとジェルタイプのクレンジングの最大の違いは、水分含有量です。ゲルタイプのクレンジングに比べると、ジェルタイプのクレンジングのほうが水分を多く含んでいます。ですから、ゲルタイプほどゼリー状ではないのが特徴です。とは言え、ゲルタイプのクレンジングとジェルタイプのクレンジングは似ている点が多いと言えます。
使い方は、乾いた手でメイクになじませ洗い流すというものです。

 

ジェルタイプのクレンジングは手で温めてからメイクとなじませると、よりしっかりとメイクを落とすことができます。ぜひ試してみてください。

 

ジェルタイプのクレンジングのメリットは、洗い流した後にベタつき感が残らないということでしょう。デメリットは、肌を乾燥させやすいのでもともと乾燥肌の人には向いていないということでしょう。また、メイクになじみにくいのでクレンジングに時間や手間がかかってしまうというデメリットもあります。
利用するときにはこのメリット・デメリットを考えてみてください。

 

⇒ ジェルタイプクレンジングランキングへ