バームタイプ

最近注目を浴びているクレンジングに「バームタイプのクレンジング」というものがあります。バームタイプのクレンジングの特徴はなんといっても「固形のクレンジング」ということでしょう。
固形の状態でケースに入っているのですが、手や顔につけると少しずつ溶け始めオイルクレンジングのような状態へと変化していきます。バームタイプのクレンジングのポイントは、この「よく溶かす」というところでしょう。しっかりと溶かして利用することが上手にメイクを落とすポイントなのです。

 

バームタイプのクレンジングにもメリットとデメリットがあります。
バームタイプのクレンジングのメリットは、洗浄力は強めで、しかも、保湿効果があるというところでしょう。
とは言え、若干問題点もあるようです。それは何かというと、洗浄力は高めなのですが、オイルクレンジングには及ばず、しっかりメイクは落ちないという欠点や、保湿効果があると言ってもクリームタイプなどに比べると劣るというデメリットがあるのです。
ある意味中途半端と言えるバームタイプのクレンジングですが、角質ケアができるというメリットもあり、一長一短ということになるわけです。バームタイプのクレンジングを利用しようと思う場合これらのメリット・デメリットをよく考え、自分のスタイルに合うようなら活用してみてください。
ただし、敏感肌や乾燥肌など何らかの肌の悩みを抱えている人にとっては肌トラブルを悪化させる要因となりかねませんので、十分に注意して利用するようにしてください。

 

⇒ バームタイプクレンジングランキングへ