クレンジングの選び方について

クレンジング剤を選ぶのに、強力なものの方が良いと思っている方も少なくありません。しかし、それだけのことで選んでしまうと失敗することもあります。それはどうしてかというと、クレンジング剤も化粧品と同じで、肌との相性というのがあるからなのです。
クレンジング剤が肌に合っていないと、いくらスキンケアグッズが優れたものばかりでも、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。あなたが使っているクレンジング剤は、あなたの肌に合っていますか。

 

クレンジングを選ぶ基準について

メイク汚れがしっかり落とせて、肌がつっぱらないクレンジングが優れている、というイメージをお持ちの女性は少なくありません。しかし、メイクがよく落ちるということは、強い刺激を肌に与え過ぎているということなのです。デリケートな肌の方には合っていないと言えますね。特にニキビで困っている方は、洗浄力の強すぎるクレンジングは使わない方が良いでしょう。では、メイク汚れはあまり落ちなくても、洗浄力が弱いクレンジングにするべきなのでしょうか。いいえ、そうではありません。メイク汚れが毛穴にそのまま残ってしまうと、その後でする化粧水などのケアでは肌に美容成分が浸透しません。そのうえ、毛穴に詰まった汚れが炎症を起こしてしまって、肌トラブルを起こしてしまうのです。ですから、デリケート肌の方は、優しい洗浄力があるミルクタイプクリームタイプを選びましょう。洗浄力が強いオイルタイプは使わない方が良いです。それから、アイメイクなどのウォータープルーフタイプの化粧品を落とす場合、専用のリムーバーがありますから、それを使うことで、肌への負担を少なくすることが重要です。
デリケート肌の他にも、オイリー肌、乾燥肌、混合肌など、いろいろとあるのですが、基本は同じなのです。肌には負担はかけすぎないで、メイクはきっちり落とすことが、美肌になるのには必要なことです。

 

まとめ

クレンジング剤を選ぶときの注意点
・クレンジング剤は強力であれば良いというのは間違いです。
・デリケート肌とオイルタイプなどの洗浄力の強いクレンジングは合っていないです。
・肌への負担を少なくするために、クレンジング剤は低刺激のタイプを選びます。そして部分メイクは専用リムーバーでしっかり落としてください。

 

管理人のおすすめするクレンジング

洗浄力と美容効果で選ぶなら⇒ リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング