種類別のクレンジングのポイントについて

クレンジング剤はいろいろと種類があり、それぞれメリットやデメリットを持っているものです。と言っても、それぞれのクレンジング剤はケアの方法によって、メリットを大きくできますし、デメリットを少なくすることもできるのです。ここでは、クレンジング剤の種類ごとの、正しいケア方法をご説明したいと思います。

 

種類別のクレンジングのポイント

オイル

洗浄力が強いですからメイクはしっかり落ちます。しかし、肌にかかる負担が大きくなるかもしれません。肌に残りやすいオイルは、しっかり洗い流すことです。そして、クレンジング後の保湿対策もしっかり行わなければなりません。

泡洗顔

汚れを泡で取り除きますから、泡立てることが大事です。肌と指の間で摩擦が起きないようにします。泡を転がす感じで洗顔してください。

ミルク&クリーム

くるくると円を描くように肌になじませます。汚れが浮いてくるのを確認しましょう。

ふき取り&ローション

コットンでふき取るクレンジング剤は、肌への摩擦が気になります。ということで、コットンにクレンジング剤を多く含ませて、肌への負担を軽くするようにしましょう。そしてこすらないようにしてください。

 

これらを意識してすることで、クレンジング剤の良いところを活かしたクレンジングを行えると思います。しかし、クレンジング剤の良いところを活かしても、元々の肌質も考えなくてはいけません。例を挙げると、ニキビが気になる時に、洗浄力が強いオイルタイプを使うと、余計に肌を刺激してしまいます。そして、ニキビが悪化するかもしれないのです。
クレンジング剤の良いところを活かし、そして肌との相性を確認して、あなたに最も合ったクレンジング剤を探すようにしましょう。