肌質別の注意点について

あなたは、クレンジング剤の人気だけで商品を決めていないでしょうか。多くの人から支持されている商品は、人気のある商品というのは確かにあります。しかし、それよりもあなたの肌に合ったクレンジング剤を選ばなくてはいけません。

 

肌質別に注意をすること

オイリー肌について
オイリー肌の方は、皮脂の過剰分泌が何かの原因で起こっていると思われます。この場合のクレンジング剤は、オイルタイプが良いでしょう。なお、ニキビ肌でオイリー肌などの肌トラブルがある場合は、オイルクレンジングは肌への刺激が強いこともありますから、油分を減らし、クリームタイプのクレンジング剤や乳液を使ってください。

 

混合肌について
Tゾーンはべたつき、頬はカサカサという方は混合肌です。この場合は、皮脂を取り過ぎると乾燥が進んでしまいます。クリームタイプのクレンジングか乳液を使いましょう。また、クレンジング効果がある洗顔石鹸も良いと思います。なお、濃いメイクをしている方は、専用リムーバーを部分的に使うと、メイクをしっかり落とせます。

 

乾燥肌について
乾燥肌はオイルタイプのクレンジングとは最も合いません。乾燥肌は元々皮脂が少ないのに、強い洗浄力のオイルタイプを使うと、肌の乾燥がどんどん進んでしまうのです。
この場合のクレンジング剤は、成分に油分のある物が配合されていないものが良いでしょう。ミルクタイプウォータータイプ、クレイ入りなどを使いましょう。また、クレンジングをして、洗顔をした後は、保湿を念入りにすることで、乾燥肌が改善されると思います。