オイルクレンジングの使い方

洗顔をする場合には、メイクをしているかノーメークかで方法が異なります。特にメイクをしている場合には、化粧品の成分や汚れを完璧に落とすことが大切です。手抜きをしてしまうと後にシミ、くすみ、にきびなどの肌トラブルの原因になってしまいます。
メイク落としに使用する洗顔料には種類があります。ポイントメイク専用のリムーバー、クレンジング、洗顔料などです。クレンジングには、クリームタイプやオイルタイプがあります。オイルタイプのクレンジングはそのまま洗い流せるので重宝されています。
しかし、使用方法を間違ってしまうと肌に負担がかかることがあるので注意が必要です。オイルクレンジングはコスメ製品の成分を強力にを肌から浮かせて洗い流すことができますが、その分油分の吸着力が強いともいえます。肌が弱い人や乾燥肌の人にはあまり向かないクレンジング剤です。
肌には水分は必須ですが、ある程度の皮脂分も必要です。オイルクレンジングは皮脂分の除去力が強いので過度な使用をすると乾燥を助長することになってしまうのです。乾燥や皮脂の過剰分泌状態は肌トラブルが起こりやすくなりますので、肌の状態をみながらの利用か大切です。
例えば、クレンジング剤の利用をポイントで分けて使用するという方法もあります。アイメイクは専用のリムーバーを使用する、フルメイクをした場合にはオイルクレンジングを使用し、薄化粧の時にはダブル洗顔などで対処するなどの方法があります。