ゲルタイプのクレンジングはさっぱり

ゲル状のクレンジングがあります。ジェル状のクレンジングもあります。ゲルとジェルは大きな違いはないのですか、区別されているようです。強いて言うならば、ゲルはジェルよりも水分量が多いことです。ジェル状のクレンジングは伸びがよ李のですが、ゲル状のクレンジングは弾力や粘性がジェルよりも強いという特徴があります。
ゲルタイプのクレンジングは手も顏も乾いた状態で使用します。使用感はサッパリとしています。最も多く使用されているクリームタイプなどは使用後にはしっとり感があるのですが、ともするとベタつくという感じを持つ人もいます。対してゲルタイプのクレンジングは、ベタつくことはありませんのでクレンジング後の洗顔をしない人もいるほどです。
また、洗浄力がとても強いのが特徴で、しっかりメイクもきれいに落とすことができます。このためポイントメイク用の専用リムーバーを使用なくても、メイクを落とせるので便利です。
しかし、洗浄力が強いということは、肌の皮脂分まで洗浄してしまう可能性もあるのです。乾燥肌や敏感肌の人にとっては肌への負担が大きくなり、肌トラブルの原因になるかもしれません。使用後に肌がつっぱる、乾燥するなどの違和感がある場合には使用を中止したほうがよいでしょう。
最近は、洗浄力が高くても保湿成分の高いゲル状のクレンジングも発売されています。このような製品を使用することで、肌に保湿成分を与えながら、さっぱりとメイクを落とすることができるでしょう。